転職エージェントは信用できない?メリットとデメリットを正しく知り転職活動の強い味方にしよう

転職活動をする際に、強い味方になってくれるのが「転職エージェント」です。

一昔前の転職活動は、求人情報集めから、スケジュール調整、内定後の給与交渉など、すべて自分一人で行うのが当たり前でした。

しかし現在は、転職エージェントを利用することによって、キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を行うことができます。

ここでは、転職エージェントのメリットとデメリットをご紹介します。

上手に転職エージェントを活用して、転職活動を円滑に進めていきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者の就職先の希望やこれまでの経験をヒアリングして、条件にあった企業とマッチングさせるサービスのことです。

求人の紹介はもちろんのこと、エントリーシートの添削や面接対策、転職活動の相談をすることができます。

利用料は、特別な条件などがある場合を除き無料です。

求職者が入社するごとに、企業からエージェントが紹介料を受け取るというビジネスモデルなので、利用料を請求されることはありません。

安心して利用しましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職活動時、転職エージェントのほかに多く利用されるサービスが「転職サイト」です。

転職エージェントと転職サイトの違いは概ね、下記の表の通りです。

図:筆者作成

2つのサービスの大きな違いは、求職者と企業の間に第三者を挟むかどうかです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが専任でついてくれて、転職が成功するまでサポートを続けてくれます。

一方、転職サイトは求人検索、日程調整、面接対策など、就職活動全般を自分ひとりで行わなければなりません。

「効率重視で転職活動したい人」や、「初めて転職する人」は転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントのメリット5つ

求職者が転職エージェント使うメリットは、大きく分けて5つあります。

1つずつ解説していきます。

① 転職活動の相談ができる

転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーがつき、転職活動全般をサポートしてくれます。

転職活動の悩みや、自身のキャリアについて相談ができるのは、大きなメリットです。

「転職するべきか分からない」「自分に合う仕事が見つかるか不安」という悩みに対しても、プロの視点で丁寧にアドバイスをしてもらえます。

キャリアアドバイザーから客観的な意見をもらうことで、新しい気づきや、自分の取るべき行動が明確になることもあるでしょう。

また、応募書類の添削や面接の対策も一緒に行ってくれます。

一人で試行錯誤するのではなく、転職のプロに直接教わるのが成功への近道です。

② 非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人とは、転職サイトや企業ホームページなどに掲載されていない求人のことです。

企業は社内の採用情報を外部に漏らさないために、転職エージェントに非公開で求人を出すことがあります。
転職エージェントで扱う求人は、その多くが非公開です。

例えば、マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。*1

非公開求人には、大企業や有名企業の求人や、専門的なスキルを持った人など条件を絞り込んだ募集の求人が多くあります。*2

転職エージェントを利用することによって、憧れの企業の求人や、自分のスキルや経験に合った求人に出会える可能性が広がります。

③ 思いがけない求人を見つけてくれる

「給与を上げたい」「この条件は外せない」など、様々な希望の中から、求職者に最適な求人を見つけ、紹介するのが転職エージェントの仕事です。

一人で転職活動をすると、自分のイメージや先入観で企業を選んでしまいます。

しかしキャリアアドバイザーは、求職者の経歴や希望をもとに、客観的な視点で求人を探してきてくれます。

自分では選択肢に入れていなかった業界や職種と出会える可能性があります。

気づくことができなかった自分の強みを、キャリアアドバイザーが見つけてくれるのです。

④ 企業の内部の情報までわかる

転職エージェントでは、求人サイトやwebサイトの情報だけでは分からない、リアルな社内の様子や雰囲気についてもキャリアアドバイザーに質問することができます。

事前にその企業の情報を得ることで、企業選びや選考対策に役立ちます。

⑤ 企業との日程調整や年収交渉を代行してくれる

面接日程の調整はもちろんのこと、内定後の年収交渉、入社前の手続きなど、面倒な手続きは転職エージェントが一手に引き受けてくれます。

在職中で転職活動に割く時間がない方や、転職が初めての人には大きなメリットです。

また現在勤めている会社の退職準備や、退職手続きなどについても相談することができます。

転職エージェントのデメリット3つ

転職エージェントは、求職者にとって非常に頼りになる存在です。

しかし、もちろんデメリットもあります。

デメリットを理解したうえで、上手に活用しましょう。

詳しく説明していきます。

① 担当者によってサービスの質が変わる

転職エージェントに登録をすると、あなたに専任のキャリアアドバイザーがつきます。

そのキャリアアドバイザーが経験不足であったり、人間的な相性が悪い人が担当になることもあります。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーを通さないと求人が紹介されません。

自分の考えを理解してもらえなかったり、的外れな提案ばかりされてしまったりすると、転職活動をスムーズに進められず、かえって転職活動の妨げになってしまいます。

② 希望する求人に応募できないこともある

希望する求人に応募できないケースもあります。

転職エージェントは、企業の採用代行を担う立場です。

採用基準に満たない人材を事前に選別しなければなりません。

求職者が「この求人に応募したい」と転職エージェントに伝えたところで、スキルや経歴が企業側の求める水準に達していない場合は、断られてしまいます。

③ 応募まで時間がかかる

転職サイトのように、転職を思い立ってすぐに応募ができるわけではありません。
求職者は転職エージェントに登録をしたら、日程調整を行いキャリアアドバイザーと面談をします。

この面談で、これまでの経歴や希望の業界・職種、転職に期待することなどを話し、キャリアアドバイザーは求職者のニーズを正確に把握します。

転職の目的や希望の職種・業種が明確になったら、キャリアアドバイザーから条件に合った求人を提案してもらい、応募するかどうかを判断します。

このような流れのため、どうしても応募までに時間がかかってしまいます。

転職活動を円滑に進めるために

転職エージェントを上手に利用していくためのポイントを3つお伝えします。
このポイントを押さえれば、転職活動を円滑に進めることができます。

キャリアアドバイザーとの面談準備をする

転職活動を円滑に行っていくためには、キャリアアドバイザーとの面談が核となります。

1回の面談で自分の希望をできるだけ具体的に伝えるために、面談の準備をしておきましょう。

準備しておくべき内容はこちらです。

・経歴の整理
・転職したい理由
・希望の条件
・転職希望時期

就職したい企業、職種、業界を明確にしてから行く必要はありません。

しかし、これまでの経験を整理し、なぜ転職したいと思ったのか、自分が重視する条件は何かをできるだけ具体的に話せるようにしておきましょう。

明確なビジョンを持っていると、キャリアアドバイザーも求人を提案しやすく、的確なアドバイスをしてくれるようになります。

キャリアアドバイザーから信頼される努力を

キャリアアドバイザーは、一人で多くの求職者を担当しています。

「連絡をしても返信が来ない」「面談に遅刻してくる」など、不誠実な態度をされてしまうと、求職者を信頼することができません。

キャリアアドバイザーは企業との信頼関係も守らなければならないので、必然的に自分が信頼できる求職者を優先するようになります。

信頼を得られなかった場合、優先順位は低くなり、良い求人を紹介されなくなってしまいます。

転職エージェントだからと軽く考えず、真摯に対応しましょう。

短期決戦をするつもりで

多くの転職エージェントは、無期限で転職のサポートを行ってくれます。

しかし中には、サポート期間が区切られている転職エージェントも存在しますので注意してください。

また、無期限のサポートとしていても、転職活動期間が長引いたり、キャリアアドバイザーとあまり連絡を取っていないと、転職意欲がないと判断されてしまう可能性があります。

キャリアアドバイザーはボランティアではありません。

求職者が紹介した企業に入社することで、自社の売上となります。

そのため、転職意欲の低い人よりも転職に積極的な人をサポートしたいと思っています。

転職を急ぐ必要はありませんが、転職エージェントで良い求人を紹介してもらいたいなら、短期決戦をするつもりで積極的に転職活動をしてください。

まとめ

転職エージェントを利用することで、書類や面接のサポート、非公開求人の紹介、日程調整の代行など様々なメリットを得られます。

さらに、自分で収集するには限界がある企業の内部の情報や、業界の知識などもキャリアコンサルタントから得ることもできるので、選考を有利に進めることができるでしょう。

転職エージェントは、転職をする人にとって強い味方です。

上手に活用して、転職活動を円滑に進めていってください。

あなたが最高の転職をできることを祈っております。


【人材紹介事業立ち上げ 起業準備セミナーのお知らせ】

人材紹介事業の立ち上げを検討している方向けのオンラインセミナーのご案内です。
起業支援を担当する税理士の方を講師にお招きし、法人設立前に必要な基礎知識をわかりやすくご説明いたします。
また、株式会社マイナビが開業後に必要な「求職者集客」「求人案件開拓」「実務スキル」について、人材紹介事業の立ち上げのポイントもお伝えします。

<2022年12月5日(月)・19日(月) 実施セミナー>
【人材紹介事業を立ち上げたい方向け】法人設立×人材紹介 起業準備セミナー

<内容>
1. 人材紹介会社の設立準備について
2. 人材紹介業のビジネスモデルについて

<登壇者>
ライストン税理士事務所 石塚 友紀 氏
株式会社マイナビ 転職情報事業本部 エージェントサーチ事業部

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – –
日  時:2022年12月5日(月) 18:00~19:00、12月19日(月) 18:00~19:00
参 加 費:無料
開催方法:オンライン「Zoomウェビナ-」にてライブ配信 ※入室 17:50~
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – –

お申込み・詳細はこちらのオンラインセミナーお申込みページをご覧ください。


【エビデンス】

*1 マイナビAGENT「マイナビエージェントとは?」
https://mynavi-agent.jp/service/about_mynavi_agent.html
*2 マイナビAGENT「 非公開求人とは」
https://mynavi-agent.jp/service/term_private_recruitment.html


【著者】髙橋 めぐみ

求人情報メディア・人材紹介等の総合的な人材サービスを提供する一部上場企業に勤務。在職中に250社以上の企業を取材し、求人広告の作成等に携わる。その後、教育業界に転職。現在はこれまでの経験を活かし、人材や教育に関する記事を中心にフリーライターとして活動中。